レーザー脱毛 妊娠

レーザー脱毛は妊娠中や授乳中でも施術できるのか?

クリニックによるレーザー脱毛、脱毛サロンやエステによる光脱毛のどちらにおいてもほとんどのクリニックやサロンが妊娠中の脱毛施術はできないことになっています。
妊娠中の患者は、施術箇所に関係なく施術を断っているクリニックがほとんどですが、レーザーがお腹の中の赤ちゃんに届くことはなく、母体に悪影響があるわけでもありません。
妊娠初期で気付かずに脱毛施術を行ってしまうこともあると思いますが、妊娠発覚時にはクリニックに連絡して休止することが大切です。
妊娠中にはホルモンバランスが変化するため通常状態よりも肌の状態が敏感になり、レーザー脱毛による肌トラブルのリスクが非常に高くなります。
妊娠後期や安定期であっても長時間同じ姿勢で寝ていることは非常に負担がかかりますし、妊娠中期から後期にかけてはホルモンバランスの変化によりメラニン色素が沈着しやすくなり腹部全体からへその周りなどの毛が目立つようになるのですが、妊娠中にはムダ毛の量が増えたり色が濃くなるため脱毛効果が実感できません。
妊娠中は肌の状態も敏感になり肌トラブルが引き起こされやすいのですが、皮膚障害のトラブルの際に妊娠中ですと服用できる薬が限られてしまいます。
ですので、適切な処置を受けられない可能性も出て来てしまうのです。
レーザー脱毛は施術時に痛みを感じますので、痛みで無意識にお腹に力を入れることで子宮が収縮されるため流産や早産の原因の大きなリスクとなってしまいます。
妊娠中の脱毛には、効率の良い脱毛効果が得られないこととトラブルの際に適切な対処ができないこと・お腹の中の赤ちゃんの早産・流産に繋がるリスクが高いことから脱毛施術が断れていますので理解が必要です。
産後、授乳中の脱毛施術においても同様にお断りするクリニックも多くありますが、授乳中の脱毛再開の目安としては、産後の生理が2回目以降であり体調が落ち着いていることです。
授乳中においても服用できる薬が限られているために肌の炎症やトラブルの際に、適切な処置をすることができないリスクがあります。
産後、授乳中も肌は非常に敏感な状態であり、ストレスも感じやすくなっているため通常状態よりトラブルを引き起こしやすい状態であり危険です。
レーザー脱毛のクリニックでは、契約中であっても妊娠を伝えることで有効期限の延長のサービスがあります。
変化に敏感な状態である肌へのレーザー脱毛はリスクが通常状態より非常に高いことを理解しておくことが重要です。
肌の状態が落ち着いてから脱毛再開することで効率のよい脱毛効果を得ることができます。