レーザー脱毛 当日

レーザー脱毛の施術当日に注意すること

レーザ脱毛は、施術時に感じる痛みが強いことも特徴で肌が乾燥状態にあると痛みが非常に強く感じることもあります。
施術当日に日焼け止めクリームや保湿クリームの使用を控えるように注意されるクリニックは多くありますが、日頃の保湿ケアは施術時の痛みを和らげるには非常に重要なことです。
施術当日にはラメなどの固形物が入ったものであったりべたつきの強いクリームであったりするものの使用は控える必要がありますが、家を出る前に塗るなどして乾燥を対策することで痛みを和らげる効果があります。
施術当日に禁止されている注意事項としては運動やマッサージなど結構の良くなる行為だったり、制汗剤の使用です。
レーザー脱毛は肌に威力の強い熱刺激を与える脱毛方法であり、火傷や炎症のリスクが高くなっています。
運動やマッサージにより結構が良い状態で施術を行うことは火傷や皮膚障害のリスクが通常以上に高まる為非常に危険です。
脱毛当日、施術前には運動やマッサージなどはしないようにしてください。
制汗剤は、夏の暑い時期には使用される方が多いと思いますが制汗剤には毛穴を引き締める効果があるため脱毛効果を著しく低下させてしまう危険があります。
制汗剤には様々な成分が含まれているので、脱毛当日に使用することで脱毛施術により敏感になっている肌にはトラブルの原因となり危険です。
制汗スプレーだけでなく制汗シートも同様に使用は避けて下さい。
施術当日のメイクは、クリニックによってはクレンジングを使用することで許可されるところもありますが、無駄に時間を使わないためにも極力ノーメイクか軽めにしておくことが大切です。
脱毛当日、施術後に注意することですが施術後にはレーザーの照射により肌が敏感になっているため日焼けを避ける必要があります。
クリニックによっては施術後の日焼け止めクリームを使用できないところもありますので、日傘や帽子・UV機能の付いたストールやカーディガンなどを持参するようにしてください。
日焼け止めクリームの使用が許可されているクリニックであっても、肌が敏感になっていることから思わぬトラブルが発生することも考えられますので、普段使用している日焼け止めを持参することが大切です。
脱毛施術後の肌はとてもダメージを受けやすく衣類と肌での摩擦でも肌トラブルの原因となってしまいます。
シルクや綿などの自然素材で締め付けのないゆったりとしたデザインの服や下着で施術に向かうようにしましょう。
ロングスカートやワイドパンツは紫外線対策も兼ねられるのでおすすめですが、ストッキングの着用は避けるようにしてください。